青い季節(BLUE)

 

荒れ狂う嵐に飽きて

少年はあくびをしてた

稲妻の音に紛れて

反逆の叫びをあげた

 

青すぎる空を夢見てケダモノが歌ってら

 

焼き尽くす程に激しく

毎日が通り過ぎてた

恥さらす程に間近に

愛すべき仲間らがいた

 

闇の中光を見つけ強く握りしめたら

すべては許されていると

やさしい声が聞こえた

 

遠ざかる記憶の中で

何かを失くしたとしても

ぼくらの青い季節は

いつまでも壊れることはない

 

心の剣を尖らせて大空にかかげたら

七つの海を越えるような

英雄にもなれるだろう

 

この青い地球の上で

新しい未來が生まれる

怖れている暇はない

始めよう

時は今

 

遠ざかる記憶の中で

何かを失くしたとしても

ぼくらの青い季節は

いつまでも壊れることはない

 

ずっと青いBLUE